薬害視聴力・社会福祉委員会 <担当理事:L今野 正明>

薬害視聴力・社会福祉委員会委員長

委員長  L林 清治

副委員長 L磯田 健人

委員   L向井 昭彦


赤い羽根街頭募金 2013.10.3(木)   L阿部 敏則

“お願いしま~~す!”の声、10月3日(木)、我がクラブ11名が、少し風は強いが雨もなくアクティビティ日和!「赤い羽根街頭募金」に参加しました。

赤い羽根募金活動 ありがとうございます!

 

札幌市共同募金委員会からのボランティア参加依頼を受け、我らおじさん軍団チョッピリ太い腹と太い声で“お願いしま~~す!”“赤い羽根共同募金にご協力お願いします” 場所は、札幌駅前通りと大通り交差点ビッセビル前、私は街頭募金は初めてのことで意外と街行く人たちの反応の悪さにびっくりでした。なかなか声をかけても目を合せず、足早に通り過ぎる人、そんな中でも遠くからポケットに手を入れお金を用意してくれているような年配の方がニッコリ笑いご苦労様と募金をしてくれる。なんともありがたい。当然募金もありがたいが「笑顔とご苦労様」チョッピリ大変なボランティア活動この言葉で元気と勇気をもらい、より一層“お願いしま~~す!”の声が大きくなります。

「赤い羽根募金」は、今年で67回を迎えたそうです。そういえば自分が小中学生の頃、学校か町内会から貰ったかと思いますが、子供ながらにも胸に誇らしげにつけていたのを思い出します。

昭和22年市民が主体ではじめて67年、携わった皆様に敬服です。 赤い羽根募金で集めたお金は、募金活動をした地域のために70%、残り30%は都道府県の範囲で生活支援事業、社会参加事業、総合福祉的事業、災害緊急関係事業、地域に密着した事業に使われるとのことです。

ほんの2時間あまりでしたが、各ライオン終了時には素晴らしい活動支援に満足げに笑みも浮かび「よかったョ」と共に本日のアクティビティを終えました。赤い羽根は「善い行い」「勇気」の象徴とされています。

11名のライオン「善い行い」「勇気」ほんとうにご苦労様でした!!

フォトギャラリー

【クリックすると拡大】

会長スローガン