潮まつり

2016/7/30 薬害視聴力・社会福祉委員長L林清治

 

我が札幌時計台ライオンズクラブの今年度最初のACTは通算4回目となる、
朝里ファミリアの潮まつりボランティアでした。7月30日土曜日に行われた、
第50回潮まつりの潮ねりこみに参加する福祉施設「朝里ファミリア」の利用者の
車いすを押すなどの介助ボランティアです。今年は13名のライオンが参加しました。
小樽の夏を彩る最大のイベントである、潮まつりも今年は50回記念ということで、
参加者も過去最大とのことです。潮ねりこみへの参加は施設利用者の皆様も大変楽しみに
していて、施設内での踊りの練習や合いの手の発声練習なども行い、会場へ移動し、
ねりこみに参加します。今年は利用者の参加が25名、他のボランティアや
ご家族の方と協力して参加します。当クラブの会員は普段は車いすを押すこともなく、
障害のある方とのコミュニケーションも経験が少なく、不安もありました。
また当日は大変暑い日で、日差しも厳しい中であり、利用者の体調などにも配慮する
必要もありましたが、幸いにも体調を崩す利用者の方もなく、みなさんも楽しく
参加できたと思います。今後も潮まつりボランティアを継続し、障害のある方の
社会参加への協力を取り組んでいきたいと考えます。

 

フォトギャラリー

潮祭り 潮祭り 潮祭り
潮祭り 潮祭り 潮祭り
潮祭り 潮祭り

会長スローガン